今日はまずはじめにドラゴンクエストの話を。


ドラクエと聞くと小学校時代の嫌な記憶が蘇る。

当時ぼくは発売されたばかりのドラゴンクエストモンスターズ「テリーのワンダーランド」(1998年発売)に夢中になっていた。

金色に光るゲームボーイミニを愛用し、自分が思う最強の布陣「ダークドレアム」「デュラン」「にじくじゃく」を揃え、

逃げ足が速く倒すと大きな経験値を得られる「はぐれメタル」を駆逐しまくり、

レベルを上げ、「さぁこれからが俺の時代だ!」とばかりに意気込み、

そんな時に限って、セーブデータが全て消え発狂してしまったあの苦い記憶……。


と、そんなわけで、"ドラゴン" に限らず「○ ○ クエスト」と聞くと嫌な記憶が頭をよぎるのだが、

この度、髪の毛を メタルスライム色 に染め上げたという ある"うたうたい"の勇者 によって、そんな記憶を払拭できたような気がしてならないのだ。(なんの話だ・・・)。
 

IMG 5466




スクリーンショット 2016 04 26 1 14 23

2016年3月31日、東京・渋谷クラブクアトロにて自身初めてのワンマンライヴを行ったのは、佐賀県出身のシンガーソングライターカノエラナ

「カノエクエスト」という「ドラゴンクエスト」的企画で行われた今回のライブでは、「500人の集客」や「カノエラナマネージャーのヨリミツサーン」を倒すことなど、いくつかの"クエスト"(RPGでいうところのミッション)が与えられていた。

スクリーンショット 2016 04 24 19 47 57

著者もこのライヴに参加し、若干ハタチのアーティストがつくるパフォーマンスに魅了されてしまった。

今回、そんな彼女の現在、過去、未来を聞くことができた。ファンの人も、はじめて知った人も読んでほしい、知ってほしい、聴いてほしい。そう思っている。

IMG 5112

BIOGRAHY:
1995年12月4日佐賀県唐津市に誕生。幼少期に、祖母の家にあったピアノに触れ音楽に興味を持ち出す。14歳の時に唐津ジュニア音楽祭に出場。 EGO-WARPPIN' の「くちばしにチェリー」を歌い上げる。2014年3月高校卒業後、上京を決意。超がつくほどのアニメ好きでストック曲の中にはアニメのキャラクターをモチーフにした曲もある。ウルフルズ、Superflyらを擁する音楽プロダクション「タイスケ」に所属。
- カノエラナ オフィシャルウェブサイト



2015年7月リリースの1st mini album「カノエラナです。」 トレードマークの前髪ななめをカットするシーンから始まる、衝撃のデビュー作。




2016年3月リリースの2nd mini album「ヒトミシリ。」MV撮影を担当したのは福岡県出身の映像クリエーター 下津優太 氏。





2016年メジャーデビュー作品






スクリーンショット 2016 04 26 0 21 42 カノエ使用2


ー 初めてのワンマンライヴはどうでしたか?

自分的には楽しかったなって思います。まあ、反省点的なものも噛み砕きながら、次のライヴに生かしていきたいですね。けど……すごく楽しかったです。


ー 曲のタイトルになるほど、”人見知り”だと聞きました。

めちゃくちゃ人見知りです。けど切り替えて気合いで頑張ってます。それ以外のときは完全にスイッチオフになりますね。話しかけられてもシカトの勢いです(笑)。


ー 人見知りとアニメ好きはやっぱり関係しますか?

そうですね。人見知りだし、独りでいることが好きでした。そういう性格もあって、アニメが好きになりましたね。つまり”そっち側”に行ってしまいました(笑)。
 


ー なるほど。けど、独りでこもっていて寂しくなったりはしないんですか?

寂しいとかはあまりないですね。わたしから連絡することも少ないですし。佐賀の知り合いから連絡くることはあるんですけど、心配してもらってる感じですね。


ー 最初に上京したときは怖くなかったんですか?

一般的に東京は怖いっていうイメージはありますけど、わたし的にはそんなことはなかったですね。むしろ楽しいですけど? みたいな感じです(笑)。




スクリーンショット 2016 04 26 0 21 54 かのえ使用1


ー 意外でした。もっと孤独で寂しがっているのかと思ってましたが、カノエさんのイメージがすごく”タフ”なものに変わった気がします。ライヴでも圧倒されるほどの強さや熱量を感じましたし、その原動力ってなんでしょう?

やっぱり好きだからじゃないですか、音楽が。


ー 好きになったきっかけは?

生まれたときからずっと音楽を聞いて揺れていたらしいです。そして母がピアノをやっていた関係で、わたしも習いたいって言ったんですけど、「自分がやめたから、きっとやめる」という理由で最初はやらせてもらえなかったんです。
 

そしてようやく小学3年生で習わせてもらうことができて。検定試験を上がっていくにつれて、自分はピアノの道に行くんだろうなって思ってました。
 

ただ、歌うのが好きっていうこともあって、ある時ピアノの先生に「声楽」にいきなよって言われたんです。でも歌いたいけども声楽じゃないなという思いもあっていろいろと悩んでいました・・・。
 

そんなとき、小学6年生の時の担任の先生が、「音楽やりたいならやったほうがいいよ!」と背中をたたいてくれたんで、その道に進もうと決めました。


ー それが「唐津ジュニア音楽祭」での受賞につながるんですね。

中学に入ったときは、部活が忙しくなってピアノの練習も疎かになっていました。けど2年生のとき、学校で配布されたプリントに「唐津ジュニア音楽祭」が出てきて、なにこれ!ってクラスの子たちとなり・・・。

で、応募してみたら通過して本戦で歌うことができました。

そこで「西尾芳彦賞」という1番の賞をを取ったら、福岡の音楽塾「ヴォイス」に入れる権利を得られるんですけど、結局わたしは次の賞の優秀賞だったんです。

でも主催の西尾先生が、わたしにも来いって言ってくださって入ることになりました。

カノエ使用3


ー ヴォイスを卒業後、上京まではスムーズだったんでしょうか?

高校3年生のとき、進路で迷っていたんです。いろんなレコード会社も受けたんですが、なかなか決まらなくて。
 

どうせダメなんだろうなって思ってたとき、今の事務所のオーディションの貼り紙を見つけました。けど募集されていたのは、ボーカリスト。

わたしはシンガーソングライターだから条件に当てはまらないと思って諦めていました。


でも、オーディションの直前にヴォイスの先生から連絡がきて、とりあえずギターなしのマイクだけでできる曲を歌うことになったんです。


すると、そのときのオーディションは今までと反応が違っていたんです。当時歌う時は笑わないようにしてたんですが、「もっと笑いー!」って言われて。

結局その話がいい感じに進んで、所属が決まりました。




スクリーンショット 2016 04 26 0 24 15 IMG 5884


ー いつも笑顔なのはカノエさんが "タフさ" を持っているからなのかなって。
ただ、先日のワンマンライブで披露した「キミにコイしてニジュウネン」という曲には、「大嫌い」「傷口」「苦しい」といったネガティブな言葉が並んでいます。

MCでは「楽しいことより辛いことの方が多い」ともおっしゃっていました。


あれは完全に自分自身の歌です。素で自分のことを一番歌っている曲ですね。

もともとはハタチの楽しい曲をつくろうと思っていたんですが、このワンマンライヴが決まって、500人も人を集められるか本当に不安でした……。

もう無理って泣いてしまって。それで路線を変更してできた曲が「キミにコイしてニジュウネン」なんです。


カノエラナ「キミにコイしてニジュウネン (Acoustic ver.)」試聴、歌詞も【レコチョク】



ー ライヴではギターの弾き語りだけでなく、ピアノや、バンドスタイルでのダンサブルな楽曲など、多彩な演奏で楽しませてもらいました。カノエさんの曲づくりについて聞かせてください。

友達と遊んだり公園に行ったりですね。その"友達の友達"と遊んで、そのとき会話で生まれたことを曲にしていくことが多いですね。

やっぱり新しい出会いがないと新しい歌詞は書けないなって最近は感じていて……。他人と話すことによってわたしと違う人を感じて、じゃーその人のことをちょっと書いてみようとか。

本当は嫌なんですけど、いろんな人に会ってしゃべって歌詞書いて。仕事がないときはそういうことをできるだけやるようにしてます。



ー 佐賀には時々帰ってます(笑)?

ライヴなどの予定以外ではあまり帰らないですね。今年は正月も帰らなかったです(笑)。



佐賀県が、県内外に「佐賀の魅力」をアピールするため、「佐賀最高」と「佐賀再興」の両方の意味をあわせ持つ「佐賀さいこう!」をキャッチコピーとしたキャンペーンポスター(全5種)と、それに連動したWEBサイトで山口佐賀県知事とカノエラナが共演!
- NEWS | 「佐賀さいこう !」キャンペーンPR出演! | カノエラナ オフィシャルウェブサイト

「佐賀さいこう !」撮影現場でのオフショット

スクリーンショット 2016 04 26 1 59 12



スクリーンショット 2016 04 26 0 22 04


ー 将来はどんなアーティストになりたいですか?

CDをたくさん出すアーティストではなく、ライヴをたくさんやるアーティストになりたいなって思います。

やっぱりライヴやってるのが一番楽しいし、ダイレクトにお客さんの反応見れるのがいいですね。いろんなところにいって、いろんな人に出会うとそこで曲が生まれますし。

とにかくもっとたくさんの人がいるところでライヴをして、いろんな人を振り向かせたいと思ってます。


ー いつまでにそうなりたいとかあります?

いや、すぐにでも。とにかくいっぱいライヴがしたいですね。
 



【今後のライブ情報】
カノエラナ 月1ワンマン!!カノエがよかごて5連続





スクリーンショット 2016 04 26 17 06 45

一度の取材で相手のすべてがわかるなんて思ってはいなかった。

けど、ハタチの女の子を前に「きっとこんな感じでしょ」という安易な予想はこうも簡単に打ち破られるのか。


彼女の中には芯がある。けど、歌で表現されるものは必ず彼女の中にもあって、そこには弱さとか悩みとか苦しみとか、そんなハタチらしさも詰まっているんだけど、

普段はそれを見せる隙はなく、間髪入れずに「好きだから」という原動力を教えてくれた彼女に正直焦った。

面食らった取材後、ぼくは「はぐれメタル」ばりの逃げ足で事務所をあとにしたりした。
 

編集後記が難しい。けど、彼女の歌詞にあるように ”苦しい時にかぎって音の粒があふれてくる” のなら、筆が進まず近くのコンビニを3周して書いたこの文章も、少しばかり価値あるものになっていたら嬉しい。


Innovator No.35 カノエラナ 


【あわせて読みたい記事】
聴き惚れよ!佐賀県出身のシンガーソングライター「カノエラナ」が話題! 


【DISCOGRAPHY】



置く場所で音質が変わるワイヤレススピーカー






この記事のシェアはこちらで♪


このエントリーをはてなブックマークに追加





このブログの運営者



0ea7011f

元公務員のライター 「サトモトヒロノリ」 のプロフィール

1989年生まれ、長崎県五島列島出身。フリーライター/メディアコンサルタント/プロブロガー イケダハヤト アシスタント。

佐賀大学農学部卒、同大学院農学研修科修了。2014年、公立図書館をTSUTAYAを運営するCCCに民間委託し話題となった佐賀県武雄市役所に入庁。その後1年4ヶ月で退職し、プロブロガー イケダハヤト氏のアシスタントとなる。詳しいプロフィールはこちらから。


本日絶賛つぶやき中








FBページに「いいね!」を




note はじめました!

サトモトヒロノリ|note

Instagram はじめました





公務員辞めて佐賀から高知へ移住しました!


公務員からライターの道へ。今まで育ててくださった佐賀県のみなさま、ありがとうございました!

1年4ヶ月で武雄市の公務員を辞めるという決断。すべてを捨てて高知に移住しました : まだ東京で消耗してるの?


人気記事はコチラ!


話題のMIIDASやってみたよ!サトモトヒロノリの市場価値は年収560万円だったよ! : Share Local

高知が誇る日本のサグラダファミリア「沢田マンション」がカオスすぎて惚れてしまった話。  

実験!高知の「ひろめ市場」でよそ者が独り飲んでたら本当に話しかけられるのか?? 

佐賀県唐津市出身の天才アーティスト「カノエラナ」の魅力がやばすぎる。 

ぜひ読んでほしい漫画一覧  

武雄市長随行研修レポート

まだ目覚まし時計で消耗してるの?光目覚ましで体内リズムをリセットしよう!!

長崎県五島列島生まれのサトモトが考える「離島で暮らす3つの豊かさ」

【取材】こんなすごい人いるのか!イノベーターに聞いてみた!