ひとまき-53

里本裕規 (サトモト ヒロノリ)/ NPO法人ひとまき スタッフ / フリーランス秘書


こんにちは!里本裕規と申します。


わざわざこの記事を読みに来てくださった方、本当にありがとうございます。




おそらく読んでくださっているのは、NPO関係の方、秘書業務を依頼したい方、そして僕自身に興味を持ってくださった方なのではないかと。



ですので、この記事ではぼく自身がどんな仕事をしているのか、内容や働き方などをお話できればと思っておりますので、よければお付き合いください。




里本裕規ってこんな人!

1989年生まれ、長崎県の五島列島出身

佐賀大学農学部首席卒、同大学院農学研究科終了。
佐賀県武雄市役所税務課に入庁したのち退職。

プロブロガー イケダハヤトのアシスタントとして佐賀県から高知県へ移住。その後、民間会計事務所での業務経験を経て、NPO法人ひとまき のスタッフとなる。



18歳で初めて島を出て大学へ。当時は研究者を目指して農学部へと進学。植物の病気の研究をしていました。

ずっとこもりっきりの研究生活に違和感を感じていた最中、2011年の東日本の震災をきっかけに、「自分もなにかやりたい!」と強く思うようになりました。そして遠く離れた佐賀県から、東北を支援する活動を開始。


この経験があって、「社会を変える活動」をしている人たちに興味をもち、当時話題になっていた市役所へ入庁。

ただ働き方がなかなか合わず体調不良に…。



「20代のうちしか大きなチャレンジはできない!」



そう決意して、1年半務めた公務員を辞め、プロブロガーのイケダハヤトさんのアシスタントになりました。

アシスタント時代は、ひたすら中小企業の取材や情報発信のコンサルティングをやりながら、


自分の適性を見込まれ民間の会計事務所でも企業会計業務を経験しました。



どんなNPOで仕事してるの?


ひとまき-1_0



ただ、そこも働き方がなかなか合わなかったんです。

ずっと時間に縛られてしまうし、世代の違いによって使うツールが限られる。必ずオフィスに出勤しないといけない。


再度、進路のことで迷っていたとき、今所属しているNPOの代表から「会計を担当してくれないか?」という声がかかった。


ジョインすることになったNPOのコミュニティーには、これからの"新しい生き方"をつくっている若者たちがたくさんあつまっている。



「自分もそこに関わっていきたい!」


そんな気持ちでジョインしました。




フリーランスを応援したい!

里本 (011 - 3964)



突然ですが、あなたは「秘書」をつけたことがありますか?


秘書は大企業の社長だけがつけるものではありません。



ぼくは、
『これからの時代を担うフリーランスにも秘書は必要なんじゃないか』と思い、NPOで仕事をする傍ら、フリーランスの方のバックオフィスの仕事のサポートもしています。





本当に自分がしたいことは何か?



あなたはどうしてフリーランスになったのでしょうか?





この答えとしてよく聞くのが、

「好きなことを仕事にしたかったから」


というもの。




やりたい仕事に付随する細かい作業だったり、仕事間のスケジュール調整だったり…


どんな業種でも細かいタスクは多くとても大変。



でもそれってよくよく考えたら当たり前のことなんです。




だって普通の会社で言ったら


社長・営業・製造・マーケティング・事務


全てひとりでこなしているようなものだから。



そこで仕事を切り分け、どのように外注するかが大切になってきます。




業務の切り分けが"個性"を引き立てる。


普通、仕事を外注するときは、


「経理作業をやってほしい。」

「スケジュール管理をしてほしい。」
など、


頼みたい仕事をフリーランス側から提示することが多いです。




ですが、

「フリーランスとしてずっとひとりでやってきたから、どこからどこまで作業を切り分けたら良いのかわからない」

という人も多いのでは?



そんな人のために、最初にヒアリングによって、今ある仕事を一緒に細分化・整理。

どの作業を外注するのがあなたにとって最適か?考えるところから一緒にやります。








僕は、「業務を切り分けることがその人自身の個性を引き立たせることにつながる」と考えています。



例えば同じ作業でも「完全に外注するのか」「作業が行き詰まった時にアドバイスをするのか」どちらが最適なのかは、その人の適性や今後の展望によって違うと思っています。







個性の無い自分だからできること。


働き方改革や自由度の高い生き方を求める人が増えたことによって、副業やフリーランスが注目される今日この頃。


少し矛盾するようですが、みんながみんなフリーランスとしての働き方が合っているわけじゃない。




僕もそのひとり。
フリーランスとして全てのことをひとりでやるよりも、チームで何かを作り上げる方が僕には合っていたし、楽しかった。



『自分発信で何かをするよりも、人から求められてそれに答えることによって得られる充実感の方が自分は高いんだ。今は誰かをフォローすることが本当に楽しい。』


そう感じています。





ちなみに、ストレングスファインダーでは『共感性』と
『規律性』の能力が高いです。



得意分野(今までやってきたこと・強み)としては、



・会計、クラウド会計ツール導入
、労務、請求書作成、領収証作成 


・スケジュール、タスク管理
・業務マニュアル作成
・社会保険整備

・議事録作成 

・専門家とのネットワーキング(会計士、弁護士etc)
・NPO向けファンドレイジング(寄付者管理、寄付決済フォーム、寄付者管理システム導入)




などなど。



今後、この仕事を通して僕は、
フリーランスがより活躍しやすい社会をつくっていきたいと思っています。



・業務効率化に必要なツール

・多様な働き方の中で本質的に身につけた方が良いスキルはなんなのか? 

など、



「フリーランスの仕事に今何が足りなくて、今後何が必要なのか」というデータをこのサービスを通して集めていき、
僕自身の成長にもつなげていきたいと思っています。



最後まで読んでいただきありがとうございました。

ちょっとした相談や疑問もこちらで承っております。

→仕事の依頼などはこちらから。




















✳︎詳しいプロフィールは以下をお読みください。


誕生〜小学校

とにかく体が弱かった幼少期。深夜に喘息の発作でたびたび病院に運ばれる。

また、自宅にあったガラスケースの上で飛び跳ね、足の神経を切断。右足親指が言うことをきかなくなる。が、手術直前に動き、大手術を回避。

小学校時代、昼休みに走り回っていると急激に呼吸が苦しくなり、倒れる。

原因が「甲殻類アレルギー」だと判明。長崎県五島列島産の海の幸が食べられない状況に陥る。

93f2c5e7

出典:五島列島 壁紙カレンダー | 五島列島支援プロジェクト


中学校〜高校

中学時代はバスケットボール部に所属し、副キャプテンを務める。五島市選抜チームに選ばれ、長崎市代表を撃破。が、本人はベンチを温めつづけ無得点のまま終わった。

DSC 3594

高校時代もバスケットボール部に所属。ここでも副キャプテンを務める。最後の試合、ラスト10秒2点ビハインドでスリーポイントシュートを決め、一躍時の人となる。

が、大学受験では第一志望に落ちる。恩師の「どこに行くかより、行った先でどうがんばるか」という言葉に励まされる。


大学時代

佐賀大学農学部応用生物科学科に入学し、研究者を目指す。

DSC 3608


サークルではJAZZの世界に惹かれ、トランペットを購入。これまで嫌いだった音楽が大好きになる。

が、最後の演奏会直前にスランプに陥り、挫折。

スクリーンショット 2016 03 10 20 04 18


その後は、大学院へ進学し「植物ウイルス」の研究に励む。(「単一圃場の罹病ダイコンから10年間以上にわたり採集したカブモザイクウイルスの進化速度の評価」Phytopathological Society of Japan)。

DSC01600


また、東日本大震災を機に「被災地から離れた場所でもできることはないか?」をテーマに関連イベントの企画や、東北物産の販売を行う。

被災地新聞


大学院卒業の1ヶ月前、地元財団主催のイベントにてプロブロガー イケダハヤト氏とトークセッションを行う。

スクリーンショット 2016 03 10 19 40 05
イケダハヤト氏
1986年神奈川県生まれ。2009年に早稲田大学政治経済学部を卒業後、半導体メーカー大手に就職。と思いきや会社の経営が傾き、11ヶ月でベンチャー企業に転職。ソーシャルメディア活用のコンサルタントとして大企業のウェブマーケティングをサポートし、社会人3年目に独立。2011年からはフリーランスのプロブロガーとして、高知県を中心にうろうろしています。


公務員時代

大学院卒業後、市民病院や公立図書館の民間委託(TSUTAYA図書館)で話題となっていた佐賀県武雄市役所(税務課)へ入庁。

公務員時代からブログ運営をはじめ、起業家、経営者、クリエーター、デザイナーなど他業種他ジャンルのイノベーターを取材(過去の取材記事はこちら)。



好きなミュージシャン

秦基博/土岐麻子/orange pekoe/Lee Morgan/


趣味

ジョギング/料理/映画/アニメ/漫画







過去のオススメ記事はこちら。



NPO法人ひとまき「里本 裕規」 のプロフィール

まだ目覚まし時計で消耗してるの?光目覚ましで体内リズムをリセットしよう!


副業在宅ワーカーの健康管理には「スタンディングデスク」と「ステッパー」がオススメ!


やはり"いろどり" は凄かった!上勝町「葉っぱビジネス」の成功要因5つと人口増への課題。


【確定申告】サラリーマンのスーツ代も特定支出控除にできる!?


高知が誇る日本のサグラダファミリア「沢田マンション」がカオスすぎて惚れてしまった話。




この記事のシェアはこちらで♪





FacebookTwitter Instagramのフォローもどうぞ。