僕の人生を劇的に変えた男。NPO法人代表理事「矢部寛明」の挑戦し続ける姿は人を動かす。

の人生を劇的に、あっという間に変えてしまった人物。

これ以上人に影響をあたえる30歳がいるのだろうか??

とにかく、

月間何百万PVを誇る「ライフハッカー【日本版】」に掲載された氏の記事をまずは読んでほしい。

どうでしたか???

この記事読んで、心にグッときました。自分の人生が変わっていったあの時のことを思い出して、少しだけ涙が出ました。

みなさんは、「今ある財産・生活をすべて捨ててまでも、あの時、被災地に飛び込む勇気を持てましたか?」

矢部さんって本当にそれを実行しちゃった人なんですよね。

そしてこの矢部さんが佐賀大学に講演にきたことで、僕の人生が変わったんです。

その講演の数ヶ月後には、僕も被災地、気仙沼に赴き、矢部さんが代表理事を務めるNPO法人「底上げ」に関わらせていただいた。

すごいエネルギーだった。

まさに常人とはまったく異なるエンジンを積んでいるかのようで、

圧倒され、

僕はとても落ち込んで佐賀に帰ってきたのが懐かしい。

けど、その経験が有ったからこそ、その後の佐賀で様々な活動に関わらせてもらい、どんどん、みるみる人生が変わっていった。 今思うと最高の時間だった。

そんな矢部さんに先日、久々にお会いした。

昔と変わらず、人を包み込むようなオーラで、決して人を威圧せず、親身に話を聞いてくださった。

その中で、私からもいろいろな質問をさせていただいたが、少し面白いなーと思う事があった。

それは、講演会などではとてもとても饒舌な矢部さんなのに、

僕が質問すると、すぐには答えず、独特の間をとってから、返答する、ということだった。

「どんなときも自分の感覚を忠実に探り、それを言葉にする。」

そんな矢部さんの人間性の表れる「間」だったように、今となれば思う。

今回お会いしたときの矢部さんの印象的だった言葉はこちら。


・「矢部寛明っていう一人の人間が、どこまでやれるのか、知りたい。」

・「憧れてる人はいない。岡本太郎は好きだけど、彼からは影響を受けているというよりも、

  自分を肯定してもらっている。これでいいんだなって思わせてくれる。」

やっぱり矢部さんの放つ言葉はいつも違和感なく心に染みてきて、好き。

そういえば、僕がこうやって文章書くようになったのも、

初めて矢部さんにお会いしたときに、

「メール読んだけど、君は繊細な文章を書くね。」

って言ってくれたことがきっかけだったんだと思う。

僕の人生を変えてくださった矢部さん。

これからも彼は僕の羅針盤であり続けると思う。 

Innovator No.17 矢部寛明 twitter:https://twitter.com/hiroakiyabe blog:https://hiroakiyabe.wordpress.com facebook:https://www.facebook.com/hiroaki.yabe.96?fref=ts


  1. Facebook

  2. twitter

  3. Hatena

  4. Pocket

  5. Copy