Main Service

マーケティングスクリプト制作

・『SNSで発信してるけど、漠然と続けるだけでよいの?』

・『どうやってファンになってもらったらよいかわからない』

・『イベント開催実績はつくっているけれど、リピーターが増えない』

・『ビジョンとかミッションとかパーパスとか、具体的にどう活かしたらよいの?』

・『社会的活動や文化芸術活動って、マネタイズが難しい』

変化が激しく様々なプロダクトやサービスが乱立する社会では、ただ消費されるだけの存在ではとても不安です。


だからこそ、短期的なメリットを提示して顧客を得るのではなく、『"自分"や"自分たち"というブランドにファンやサポーターをつけなければ…』という考えにいたる人が多いのではないでしょうか?


もしも、あなたやあなたが所属する組織を支援してくれる「サポーター」のような存在がいてくれたら、そのぶん経済的にも精神的にも安定し、もっと本質的な行動に打ち込めるはずですよね。

この"クラウドファンディング"のように、共感をベースに資金と仲間を集める行為のことを、実施する組織の種類によって、「ファンドレイジング」「ファンマーケティング」「共感マーケティング」と言います。

では、「共感」を集められる人とそうでない人、その差はなんでしょうか?

このファンドレイジングを効果的に実行する方法は何でしょうか?

 

それは、「脚本(マーケティングスクリプト)をつくること」 です。

 

 

 

 

 

つまり、ただ単に自分たちの活動を自分たちの目線だけでエゴイスティックに発信するのではなく、共感を呼ぶため理論を踏まえた 脚本(マーケティングスクリプト)を制作することで、

 

  • 一過性ではない「支援の依頼文」をつくれる

  • 自分(たち)の課題や活動が、相手にとっての「自分ごと」になる

  • 「共感」や「応援」の感情を引き出し、また阻害要因も除去できる

  • テキストベースなので、ビジョンやミッションの浸透につなげやすい

  • マーケティングファネルやカスタマージャーニーマップをつくれる

 

などのメリットがあり、これが情報発信の基盤となっていきます。

​マーケティングスクリプトに関する詳細は、こちらの記事をご覧ください。

11835_color.png
マーケティングスクリプト制作過程_里本裕規.png
2マーケティングファネルへの応用_里本裕規.png
バナー画像_里本裕規.png

step ①:ヒアリング・お打ち合わせ

step ②:お見積もり

step ③:企画・調査・検討

step ④:構成・レイアウト作成

step ⑤:原稿執筆・添削

※制作期間はおおよそ3ヵ月となりますが、ページ数や調査量によって変動します。

− 制作の流れ −

お申し込み・お問い合わせは下記Googleフォームからお気軽にどうぞ。

SErVICE一覧

コンサルティング

これはパラグラフです。ここをクリックしてテキストを入力してください。

講演・セミナー講師

これはパラグラフです。ここをクリックしてテキストを入力してください。

イベント運営

これはパラグラフです。ここをクリックしてテキストを入力してください。

相談セッション(初回無料、2回目以降10,000円/時間)

これはパラグラフです。ここをクリックしてテキストを入力してください。

名前・役職

こちらをクリックしてテキストを編集し、商品やサービスを評価していただいたお客様のコメントを表示しましょう。